アダルト系に年齢制限は必要

世の中には、アダルト雑誌やアダルトゲームなど、様々なジャンルのコンテンツが溢れています、当然そういったコンテンツを子供などの目から遠ざけなければならないわけですが、インターネットなどが普及した現在ではなかなか難しい問題です。
そういった所謂アダルトコンテンツには年齢制限、R指定などが設けられていて、概ね18歳以下の青少年はこのようなコンテンツを購入、または試聴することは出来ないことになっています。

なぜアダルトコンテンツの年齢制限が必要なのかですが、そのようなポルノ雑誌や動画画像を見たからといって、直ちに犯罪に走るということは一概には言えませんが、そういったコンテンツを試聴するうちに、倫理観の崩壊が発生し、犯罪行為を起こす「可能性」があるからだということです、精神的にも未熟な青少年は現実と虚構を取り違える「可能性」があることを示唆されているため、年齢制限が必要だとされています。

ただ、アダルト系のコンテンツは、やはりどうしても思春期の青少年には興味を惹かれるもので、年齢をごまかしたりして、購入する例は少なくありません。
そういった事が増えると、教育委員会などの問題に取り沙汰されて、アダルトコンテンツ全般を排斥しようという運動にもつながりかねないのです。
例えば、アダルト系の雑誌や動画を見ているうちに、実際にそういったことに興味をもつようになり、出会い系などのサイトを利用するなどのことも考えられます、更に、そういった出会い系サイトでも悪質なものも当然存在していますから、危険性は大きいと考えて間違いないです。

コメントを残す